鍛冶屋の道具 タガネ

こんにちは、青森のロートアイアン鍛治工房鉄工房アール石戸谷です。

今日は、鍛冶屋の道具を作る為の道具作りをご紹介いたします。

鍛冶屋の基本的な道具にハンマーや火バサミがあります。鍛冶屋といっても洋風鍛冶(ロートアイアン)工房の方はほとんどの人がドイツなどヨーロッパから道具を購入し、使用しているようです。

私どもは自分で使う道具は自分で作るが基本です。

と言うことで、火バサミを作る為に必要な道具「タガネ作り」のご紹介です。

 正方形の板状の材料を加熱します。

 真っ赤になったら叩いて鍛え形成していきます。
四角い材料を叩いて鍛えながらタガネの形に。
 加熱、叩きを繰り返す事で材料を硬く鍛えながらタガネの形に形成完了。
 大事なロゴの刻印も印字して焼入れ。
 これで完成です。
 タガネの先を研ぎだして。
 綺麗に仕上げて完成。
 このようにして使います。
 作ったタガネを使って制作した火バサミです。
 左から16x16、13x13、13Ф用の火バサミです。
 Rのロゴも印字
道具を作れる様になると作る物の幅が広がる気がします。
これからも自分の使う道具は自分で作ります。そして大事に使います。
道具を大事に使うことこそ職人の心構え第一条かな。

ロートアイアン鍛冶工房 鉄工房アール制作の一点物商品販売サイト『鍛冶屋遊鉄』はこちらからどうぞ。

ロートアイアンのオーダーメイドお問合せは鉄工房アール問合せフォームからどうぞ。